栄町商店街の立地する広小路通は、慶長15年の清洲越しのときに造られた歴史的な幹線道路である。万治の大火(1660年)の後、防火空間確保のために町家を取り払い、堀切筋を3間から15間に拡幅したことから「広小路」の名が生まれた。この道幅は現在もほぼ同じで、当時(江戸時代)はこの広い通りに、大道芸人、見世物小屋、茶屋、縁日が並び、庶民の楽しみの場として賑わったという。
明治19年には、東海道線開通と笹島停車場開設で、広小路通は西に延伸され、駅前から柳橋の間に大通りが完成した。明治31年には、笹島と久屋町の間に日本で二番目の路面電車が開通し、路上には柳の並木が植えられ、街路灯も設置された。
大正時代になると、花柳界、カフェ、映画演劇が進出し、広小路はいわゆる「青い灯、赤い灯」の街となり、歓楽、娯楽性も備えた一大繁華街となり、その賑わいは第二次世界大戦の前まで続いた。戦後、いち早く復興した街並みの両側には、屋台が並び、賑わいと活況が呼び戻った。
賑わいが続いた広小路通に変化が生じ始めたのは、昭和32年11月の名古屋駅と、栄町の間の地下鉄開通の頃からである。この開通と同時に「栄地下街」が造られ、昭和40年に「栄中南地下街」、同44年に「栄東地下」及び「サカエチカ」、同53年に「栄北地下街」と相次いで地下街が造られ、広小路通の人の流れは地下に吸収されていった。この間に、栄と笹島の間の市電が昭和46年に廃止され、名物の屋台も同48年に姿を消した。
かつては、あれほどの賑わいを見せた広小路も、地下街の発展というと都市構造の変化から、地上の商店街の商店数は減少し、これに代わって銀行、証券会社等の進出で業務型の性格が強くなっている。このような状況にあって商店街は、昭和38年8月に振興組合を結成し、その振興を図ってきた。

[TOP] [BACK]